浮気調査で探偵の費用を安く抑えるために

中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。

浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも不可欠です。

想定外のことがたくさん起きますし、それを素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。

特に、調査対象やその周囲に不倫調査を悟られてしまうと、依頼人を推定しやすいということからも、常に細心の注意を払うことは常識です。

対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

これから配偶者の浮気について、初めて探偵業者を利用しようというときは、価格の安いところに目がいきがちです。

確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は注意が必要でしょう。

経費を省くため、調査内容がいまいちということがありますからね。

契約する前に、信頼に値する業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。

調査業や探偵業は「はじめて」の利用者が圧倒的に多いそうです。

ですから、もし悩んだら、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。

営業所の住所や連絡先などは、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。

専属スタッフに相談すると、だいたいの費用の目安の概算で見積りを出してもらえます。

相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、落ち着いて検討するといいでしょう。

本人たちにとっては遊びのつもりでも、自らがした不倫の償いは、高くて当然です。

パートナーがどういう態度をとってくるかによって変わってくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。

本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら高い賠償を払ってこれからを生きていかなければなりません。

浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。

浮気の相手が判明してから3年、あるいは不倫行為そのものがあってから20年以内だそうです。

それに、時効期限が近づいているときでも、裁判に訴えることで、期限がリセットされるのです。

期限まで間がないときは、訴訟することを検討してみるべきです。

不倫相手の奥さんから、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくることは充分考えられます。

気になるのがその金額ですが、あちらが離婚しないか、したかによって当然ながら差があります。

離婚もしていないのに多額の慰謝料を請求してきたときは、直ちに弁護士さんに相談してみるようにしてください。

浮気の確固たる証拠を提示できない場合、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは苦しいかもしれません。

不倫行為の存在を法廷が認めてくれないケースも充分にありえるからです。

そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。

証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのに納得できる人はいませんよね。

そうならないために、裏付け調査を探偵に依頼することをおすすめします。

私ではなく職場の同僚の話です。

奥さんが浮気していて、不倫相手に裁判を起こしたいと言うのです。

でもそうなったらお金がかかるものですよね。

不倫の動かぬ証拠をおさえて相手には慰謝料を要求し、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではとアドバイスしたんです。

なんだか妙に納得されました。

調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。

とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときに利用する可能性がある場合は、証拠として採用されるには、要点を踏まえた質の高い報告書でないと意味がなくなってしまいます。

自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、業者を選定しなければなりません。

不倫行為があった場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。

しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、権利争いや感情面での言い合いになって、横道にずれたり頓挫することも多いです。

裁判で決着をつけなければならないこともあるわけで、弁護士を頼んでなるべく円満な解決を目指す方が良いかもしれません。

不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は業者によってかなりの違いが出てきます。

最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、多少面倒でも複数の探偵社に見積り依頼しておくほうが納得がいく契約ができるでしょう。

また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を探偵に可能な限り伝えることで、調査の無駄を省くことができ、調査費用として払うお金も少なくて済みます。

探偵社による浮気の追跡調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。

それなら証拠がなければ支払いが発生しなくて得だと思う人もいるかもしれません。

しかし、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、普通より調査に時間がかかりそうな場合は契約できないときもあるらしいです。

それに、浮気の裏付けがとれたときに「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることもあるので注意してください。

いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。

とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。

ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域を頭の隅に置いて、ネット検索すれば会社の数は限定されます。

さらにクチコミや規模などで選定し、直接電話で調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。

いくら悩んだところで実際に話してみなければ、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないですからね。

時々、探偵社で浮気調査を依頼したあと、請求トラブルに発展することがあります。

あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、途中で契約解除を申し入れると、キャンセル料をとられることがあります。

こうしたことを避けるために、依頼前によく確認しておくことが大事ですね。

むこうの態度や料金説明に不審な点があったときは、違う業者を当たったほうが良いでしょう。

これから探偵業者を使おうと思ったら、まずは先に電話をかけましょう。

それがファーストステップです。

電話を通した相談で感触が良く、さらに話を詰めたいと思ったら、事務所まで出向くことになります。

打ち合わせが済んで、依頼するという段取りになったら契約書を交わし、そこから調査が始まります。

引用:探偵事務所で結婚詐欺調査!結婚相手を調べるなら【無料相談OK】